<English>
 
 

【お知らせ】博士キャリアセンターの新WEBサイトをリリースしました。(2016/3/25掲載)

【イベント情報】「第2回WASEDA-EDGE DEMO DAY」が開催されます。
プログラム等、詳細についてはこちら(上記へリンク)をご覧ください。(2016/2/16掲載)

【開催概要】
日 時:  2016年3月2日(日) 13:30〜17:25 (交流会17:35〜)
場 所:  早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館N棟大会議室
対 象:   学部生・大学院生・研究者・一般社会人
参加費:   無料(交流会 500円)
主 催:  WASEDA-EDGE人材育成プログラム
共 催:   インキュベーション推進室/リーディング理工学博士プログラム/実体情報学博士プログラム/博士キャリアセンター

【お知らせ】博士キャリアセンターの取り組みに協力頂いている特定非営利活動法人キャリアクルーズが、大学のOB/OGと後輩をつなぐSNS「VISITS OB」をリリースしました。(2016/2/4掲載)

【イベント】2月23日「キャリアデザインカンファレンス2016」(第八回産業−博士交流マッチング会)を開催します。(2016/2/1掲載)
 大好評だった「産業−博士交流マッチング会」が「キャリアデザインカンファレンス2016」として復活します。国内の優良企業や海外のグローバル企業の研究開発者や人事担当者、先輩社員と直接対話することで、「企業が何を求めているか」、「博士ということをどうアピールに繋げるか」などの情報収集やネットワーク構築等、今後のキャリア形成に資する貴重な機会を創出します。
⇒詳細はこちら

【説明会】米国大学院学生会の海外大学留学説明会(2015年冬季)が開催されます。
参加ご希望の方はこちらより事前参加申し込みをお願いいたします。(2015/12/15掲載)

【開催概要】
日 時:  2015年12月22日(火) 18:00〜20:00
場 所:  西早稲田キャンパス 55号館N棟1階大会議室
主 催:  米国大学院学生会
後 援:   早稲田大学理工学術院、早稲田大学留学センター、早稲田電気工学会(EWE)、
府内情報科学振興財団、米国大使館

【イベント情報】「ロジカル・コミュニケーションセミナー」が開催されます。
プログラム等、詳細についてはこちら(上記へリンク)をご覧ください。(2015/12/7掲載)

【開催概要】
日 時:  2016年1月24日(日) 10:00〜15:00
場 所:  早稲田大学 西早稲田キャンパス 66号館シルマンホール
対 象:   学部生・大学院生
参加費:   無料
主 催:  WASEDA-EDGE人材育成プログラム/博士キャリアセンター
共 催:   リーディング理工学博士プログラム/実体情報学博士プログラム

【講演会】「シリコンバレーにおける理工系人材の起業」が開催されます。
プログラム等、詳細についてはこちら(上記へリンク)をご覧ください。(2015/11/4掲載)

【開催概要】
日 時:  2015年12月4日(金) 18:15〜19:45
場 所:  早稲田大学 西早稲田キャンパス55号館N棟1階大会議室
参加費:   無料
主 催:  WASEDA-EDGE人材育成プログラム/博士キャリアセンター
共 催:   リーディング理工学博士プログラム/実体情報学博士プログラム

【シンポジウム】「第3回 EDGEプログラム シンポジウム 〜イノベーションを学ぼう!!〜」が開催されます。プログラム等、詳細についてはこちら(上記へリンク)をご覧ください。(2015/8/17掲載)

【開催概要】
日 時:  2015年9月18日(金) 10:00〜17:50(終了予定)
            ※交流会有(18:00〜20:00)
場 所:  早稲田大学 早稲田キャンパス 井深大記念ホール
参加費:   無料(但し、交流会は参加費一般2,000円、学生1,000円)
主 催:  早稲田大学 WASEDA-EDGE人材育成プログラム(文部科学省補助事業)
協 賛:   早稲田大学 リーディング理工学博士プログラム/実体情報学博士プログラム/
革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)/ナノ・ライフ創新研究機構/ナノテクノロジーフォーラム

【インターンシップ】amsジャパンでは、夏期インターンシップを募集しております。
詳細は募集要項をご確認ください。(2015/6/8掲載)

【募集要項】
対象:  アナログ集積回路系の研究室に所属する大学院修士または博士課程の学生
期間:   2015年7月上旬から9月下旬のうち1ヶ月間(M2学生の場合例外あり)
場所:  amsジャパン 東京デザインセンター(品川駅港南口)
仕事:   アナログ集積回路設計
備考:  インターンシップの成績優秀者には、オーストリアでの海外インターンシップのオファーを頂ける場合があります。

【イベント情報】 「第2回キャリアデザインカンファレンス 〜早稲田大学×キャリア大学〜」が開催されます。プログラム等、詳細についてはこちら(上記へリンク)をご覧ください。(2015/5/26掲載)

【開催概要】
日 時:  2015年6月14日(日) 13:00〜16:00
場 所:   早稲田大学 先端生命医科学研究教育施設(TWIns) 3Fセミナールーム
対 象:  学部生・大学院生(早稲田生のみ)
参加費:  無料
共 催:   NPO法人キャリアクルーズ、早稲田大学 WASEDA-EDGE人材育成プログラム/博士キャリアセンター/リーディング理工学博士プログラム

【イベント情報】2015年8月2日(日)から5日(水)に「グローバルコミュニケーション アドバンスト(アカデミアコース)夏期集中セミナー」が開催されます。プログラム等、詳細についてはこちら(上記へリンク)をご覧ください。(2015/5/21掲載)

【開催概要】
日 時:  2015年8月2日(日)から5日(水)
場 所:   早稲田大学軽井沢セミナーハウス
対 象:  早稲田大学在学の博士後期課程、一貫制博士課程、若手研究者(ポス ドク、助教、助手)。修士課程の方は条件あり。
参加費:  交通費自己負担。セミナー参加費、宿泊費、食費はプロジェクトが支援します。
主 催:  WASEDA-EDGE人材育成プログラム/博士キャリアセンター

【イベント情報】2015年3月17日(火)に「キャリアデザインカンファレンス EDGE2015 新規事業に積極的な企業に学ぶ理工系学生・ポスドクのための起業特論Bプレイベント」が開催されます。プログラム等、詳細についてはこちら(上記へリンク)をご覧ください。(2015/3/13掲載)

【開催概要】
日 時:  2015年3月17日(火)14:00〜18:20
場 所:  早稲田大学西早稲田キャンパス63号館201教室
対 象:  大学院生、ポスドク、学部生(3年生以上)
申込方法: お申し込みフォームからご応募ください。
アントレプレヌールシップ教育プログラムをご選択ください。
主 催:  WASEDA-EDGE人材育成プログラム/博士キャリアセンター

【イベント情報】2015年2月13日(金)に「平成26年度インターンシップ・PBL報告会のお知らせ」が開催されます。プログラム等、詳細についてはこちら(上記へリンク)をご覧ください。(2015/1/19掲載)

【開催概要】
日 時:  2015年2月13日(金)13:30〜19:00
場 所:  東京大学工学部2号館1階212講義室
参加者:  インターンシップ派遣先,派遣候補先,PBLテーマ提案企業
インターンシップ派遣学生,PBL受講学生,関係教員
受講候補学生(博士,修士,学生) 
主 催:  実践型研究リーダー養成事業「イノベーションリーダー養成演習」(PCIL)
工学系研究科専攻間横断型教育プログラム「機械システム・イノベーション」(GMSI)
博士課程教育リーディングプログラム「社会構想マネジメントを先導するグローバルリーダー養成プログラム」(GSDM)
参加費:  無料(懇談会は1,000円)

【イベント情報】平成27年2月8日(日)に「第5回神戸医療イノベーションフォーラム」が開催されます。博士キャリアセンター長 朝日教授が登壇予定です。プログラム等、詳細についてはこちら(上記へリンク)をご覧ください。(2014/12/10掲載)

【開催概要】
日 時:  平成27年2月8日(日) 13:00〜18:00
※終了後、情報交流懇親会(18:00〜20:00)
場 所:  神戸ポートピアホテル 南館1階「大輪田の間」
主 催:  神戸大学生命医学イノベーション創出人材養成センター 
協 賛:  一般社団法人医療イノベーション神戸連携システム
(MIKCS)
参加費:  無料 ※情報交流懇親会のみ有料
(一般:4,000円/学生:2,000円)

【イベント情報】12月19日ジョイントシンポジウム「羽ばたけダイヤモンド人材」が開催されます。(主催:博士キャリアセンター、WASEDA-EDGE人材育成プログラム)(2014/12/9掲載)

日時: 2014年12月19日(金)13:30〜16:10
場所: 早稲田大学西早稲田キャンパス55号館1階大会議室
主な対象: 学部生・大学院生、人材育成に興味をお持ちの大学、企業、NPOの方など
参加費: 無料
主催: 博士キャリアセンター、WASEDA-EDGE人材育成プログラム

2010年より博士キャリアセンターが取り組んできた独立行政法人科学技術振興機構実践型研究リーダー養成プログラム『社会問題解決リーダー育成のための文理相乗連携プログラム』と2014年10月よりスタートした文部科学省グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)『WASEDA-EDGE人材育成プログラム』の2つのプログラムのジョイントシンポジウムを「羽ばたけダイヤモンド人材」と題し、開催します。
第一部では、『社会問題解決リーダー育成のための文理相乗連携プログラム』の企業演習に参加した学生によるプレゼンテーションとこれまでの活動報告を行います。 第二部では、『WASEDA-EDGE人材育成プログラム』の概要説明に加えて、シリコンバレーで日米間のビジネスコンサルタントとしてご活躍中で、日本留学・日本企業勤務の経験もあるスティーブ・パーラック氏による『シリコンバレーでの成功の秘訣』と題した特別講演があります。次世代の研究リーダーや磨けば輝くダイヤモンド人材らに向けて、起業家としてビジネスを成功に結び付けた秘訣などアドバイスやヒントとなる講演を行っていただきます。
特別講師プロフィール 
スティーブ・パーラック(Steve Pollack)
経営コンサルタント/米国ターンストーン社CEO/ハーバード大学東アジア研究学部首席卒業/スタンフォード大学トップ10に与えられるArjay Miller Scholarとして経営学修士(MBA)取得/元三菱商事アメリカ重機部勤務/日本留学・日本勤務経験があり、親日家で日本語が堪能。 
http://www.turnstoneventures.com/home_japanese.html

開始時刻 内容 登壇者
13:30 開会挨拶
第一部
13:35 『社会問題解決リーダー育成のための文理相乗連携プログラムの足跡』 朝日 透 (早稲田大学理工学術院 教授 / 博士キャリアセンター長)
13:45 企業演習: 鈴鹿イノベーション 学生1
14:00 企業演習: 松阪市の後継者不足問題 学生2
14:15 企業演習: 教育改革と高度情報化社会 学生3
14:30 休憩
第二部
14:45 『WASEDA-EDGEプログラムの挑戦』 高田 祥三 (早稲田大学理工学術院 教授 / WASEDA-EDGE人材育成プログラム実行委員長)
15:00 特別講演 『シリコンバレーでの成功の秘訣』 スティーブ・パーラック (米国ターンストーン社CEO)
15:45 質疑応答
16:00 閉会挨拶
16:10 終了

独立行政法人科学技術振興機構 実践型研究リーダー育成プログラム
文部科学省 グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)

⇒詳細・事前申込はこちら(プログラムWebサイト)

【公募情報】CSRマネジメント実践参加学生募集(2014/11/28掲載)
「CSRマネジメント実践」では、後期の参加学生を募集いたします。
今期は(株)講談社 広報室とのCSR視点での調査研究を行います。
【概要】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●募集対象:本学に在籍する大学院生、学部4年生
⇒文理は問いません
●募集人数:6名程度
●訪問先企業:株式会社講談社 広報室
●期間:2015年2月下旬〜3月中旬
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
尚、応募者多数の場合は選考とさせて頂きます。
講義詳細はシラバスをご参照ください。
https://www.wsl.waseda.jp/syllabus/JAA104.php?pKey=9S910200220220149S910200229S&pLng=jp
参加をご希望の方、お問い合わせ等は下記へご連絡ください。
早稲田大学 博士キャリアセンター  担当 櫻岡
TEL:03-5287-6527
E-mail: contact@waseda-doclead.jp

【シンポジウム】11月28日4大学合同シンポジウムを開催します。(主催:大阪府立大学 東京大学 東京農工大学 早稲田大学)(2014/11/05掲載)

国家や企業のグローバルな競争が熾烈化する中、産学界では、高度な専門的能力・知識を有するのみならず、コミュニケーション力、マネジメント能力や交渉力に優れる卓越したリーダーが待望されています。欧米では、かかる役割を高度な専門性と幅広い知識を有する博士人材が担い、イノベーション創出の中核として活躍しています。我が国においても、リーダーに求められる素養・能力を身に付けた若手研究者を養成し、産業界の活躍の場に輩出することを目的として、2010年度より文部科学省「実践型研究リーダー養成事業」がスタートしています。


本シンポジウムでは、本事業の採択4大学が集い、これまでの取り組みの特徴や成果について紹介いたします。また、産業界の方より基調講演をいただき、これからの産業界・学術界でリーダーとして求められる人材像について討議いたします。

また、本シンポジウムを通して、大学を超えた教職員の連携も深めていければと思っております。

参加をご希望される方は、下記を参照にして必要事項をご記入の上、innov(@マークを入れてください)cc.tuat.ac.jpまでメールにてお申し込み下さい。

【件名】
4大学合同シンポジウム参加申し込み

【本文】
氏名(ふりがな):
所属:
役職:
電話番号:
メールアドレス:
レセプションへの参加:する/しない

【お知らせ】平成26年度グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)に採択されました。(2014/8/11掲載)
日本のイノベーション創出の活性化のため、研究開発成果を基にしたベンチャー創業や、既存企業の新事業創出を促進する人材の育成とイノベーション・エコシステムの形成を目的とする文部科学省のグローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)に本学が採択されました。
⇒採択校一覧はこちら(文部科学省HP)

【イベント情報】6月15日「社会を変革する起業とそのビジネス創造メソッド 〜最先端のアイデア発想法、デザイン思考を駆使する〜」を開催します。(主催:博士キャリアセンター、NPO法人キャリアクルーズ)(2014/5/30掲載)

日本においては多くの人々にとって起業というと非常にハードルが高いように感じられます。その理由の一つとして「起業というもの自体が身近ではなく、どのようなものかイメージできない」、「ビジネスモデルの作り方が分からないので自分には無理」といった無知や不安から来るものであると考えられます。本イベントでは、そのような日本の現状を踏まえ、「起業とはどういうものか」「アイデア発想とビジネスモデルの作り方」といった点について講義と体感ワークショップを通じて起業するとはどういう事かを1日で体感できます。

実際、ビジネス創造にはコツ(メソッド)が存在し、それを知らずに起業しても成功する確率は決して高くはありません。シリコンバレーを始めとした海外では、このような「メソッドを習得・実践し、失敗を繰り返す中でビジネスを確立していく」というマインドと文化が存在します。本ワークショップでは、実際に多くの著名ベンチャー企業を支援し、ビジネス創造の分野で活躍している講師の下、アントレプレナーシップ(起業家精神)に触れるとともに、ワークショップを通じて、最前線のアイデア発想とビジネス創造のメソッドを学びます。

また、パネルディスカッションでは、様々な企業の事業戦略を成功に導いてきたアクセンチュア戦略コンサルティング本部のマネージングディレクター、企業とイノベーター人材育成に関わってきたキャリ大学の代表者、教育の専門家である早稲田大学の代表者らが集い、「これからの社会で活躍できる人材とは」というテーマについて議論も行いますので、是非ご期待ください!

⇒詳細・申込はこちら(キャリア大学Webサイト)

【イベント情報】12月10日「ポストドクター・キャリア開発事業シンポジウム2013」が開催されます。(主催:文部科学省)(2013/11/22掲載)
博士キャリアセンターが平成20年度〜平成24年度に取り組んだポストドクター・キャリア開発事業(旧イノベーション創出若手研究人材養成)のシンポジウムが開催されます。
⇒詳細はこちら

【イベント情報】11月22日社会問題解決リーダー育成のための文理相乗連携プログラム「第2回成果報告会」を開催します。(主催:博士キャリアセンター)(2013/10/30掲載)
プログラムの成果報告に加え、東レ研究開発企画部担当部長 長瀬公一氏による基調講演や本プログラムに協力して下さった企業の方々をお迎えしたパネルディスカッションを行います。
博士人材への期待や文理相乗連携型リーダーをどう育てるかについて講演・討議が行われます。奮ってご参加ください。
⇒詳細はこちら(プログラムWebサイト)

【イベント情報】11月24日旭化成株式会社によるドクター向け特別セミナーが開催されます。(主催:旭化成株式会社)(2013/10/30掲載)
現在博士後期課程2年次に在籍する方を対象とした特別セミナー「博士の活躍教えます」が開催されます。
⇒詳細はこちら(PDFファイル)

【イベント情報】10月31日「ドクターズキャリアフォーラム(DCF)」が開催されます。(主催:東京工業大学イノベーション人材養成機構)(2013/10/9掲載)
博士人材(博士後期課程とポスドク)のためのキャリアフェアが開催されます。
⇒詳細・事前申込はこちら

【シンポジウム】6月7日「早稲田大学・神戸大学合同シンポジウム」を開催します。(2013/5/23掲載)
文部科学省「ポストドクター・キャリア開発事業」の補助を受け、早稲田大学と神戸大学は企業と連携し、産業界において研究開発の第一線でリーダーとして活躍する若手人材の養成を進めてきました。
本シンポジウムは、若手研究人材からのシーズ発表および産業界からのニーズ発表の場を設け、産学間の直接的な意見交換を実施するとともに、人材育成の現状と課題について再認識を図ります。

日 時: 2013年6月7(金)13:30〜17:30(13:00より受付)
場 所: 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 (六甲台第2キャンパス)
兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1
【最寄駅】 阪急「六甲」駅, JR「六甲道」駅より 神戸市バス36系統「鶴甲団地」行⇒「神大文理農学部前」
参加費: 無料
申込方法: 【事前登録制】
〇疚 ⊇蠡 O⇒軅(TEL) ぞ霾鷂鯲会参加の有無を明記の上、メールにてお申し込み下さい。
※お電話での受付は行っておりません。
申込先: 事務局(innova@med.kobe-u.ac.jp)
主 催: 神戸大学生命医学イノベーション創出人材養成センター、早稲田大学博士キャリアセンター
プログラム: チラシをご覧ください。

【シンポジウム】4月19日「実践型研究リーダー養成事業」実施4大学合同シンポジウムを開催しました。(2013/4/20掲載)
文部科学省「実践型研究リーダー養成事業」を実施する大阪府立大学、東京大学、東京農工大学、早稲田大学(50音順)の4大学合同でシンポジウムを開催しました。 昨年本学で開催した第1回に続き、今回は大阪府立大学で開催し、研究リーダー養成に取り組んできたこれまでの成果を発表するとともに、イノベーション創出に寄与するリーダーの養成を議論しました。
⇒詳細はこちら

【シンポジウム】3月15日「実践的博士人材養成プログラム成果報告会」を開催しました。(2013/4/3掲載)
早稲田大学では「ポストドクター・キャリア開発事業(イノベーション創出若手研究人材養成)」第一期採択校として、2008年より5年間「実践的博士人材養成プログラム」を推進して参りました。最終年度を迎え、成果報告会を開催いたします。中村道治(独)科学技術振興機構理事長に基調講演を賜り、実践カリキュラム、キャリア相談、実践博士研修(長期インターンシップ)など社会で活躍する博士人材を養成するための取り組みの活動報告を行いました。
⇒詳細・開催模様はこちら

【イベント】1月29-31日北九州キャンパスにて「特別ミニシンポジウム・個別キャリア相談会」を同時開催しました。(2013/1/24掲載)
様々なバックグラウンドを持つ経験豊富なコーディネータ陣が、普段知ることが出来ない企業R&Dや採用活動の実情をお伝えしました。また、進路相談や みなさまの持つ疑問、質問にもお答えしました。
⇒詳細はこちら

【イベント情報】1月23日、29日「Open House 2013」(主催:日本アイ・ビー・エム株式会社東京基礎研究所)が開催されます。(2013/1/9掲載)
日本IBM東京基礎研究所の活動とその成果の一端に接するとともに、研究員と積極的な意見交換を期待されております。
⇒詳細・事前登録申込はこちら

【イベント情報】1月11日「博士キャリアセミナー@お茶大」が開催されます。(主催:お茶の水女子大学 ポストドクター・キャリア開発事業 、お茶大博士学生有志)(2011/12/26掲載)
博士同士が就職活動等について学び、情報交換を行うためのネットワークを形成することを目的としたセミナーが開催されます。
⇒詳細・事前申込はこちら

【イベント情報】1月19日「先輩からのメッセージ 2013」が開催されます。(主催:早稲田応用化学会交流委員会)(2011/12/20掲載)
日本を代表する化学系を中心とした約50社に在籍されている応化OB・OGが参加します。仕事の内容、キャリアデベロップメント、日常生活等について実体験にもとづく先輩ならではのミニ講演を聞く貴重な機会ですので奮ってご参加ください。
⇒詳細・事前登録申込はこちら

【シンポジム】1月22日「ポストドクター・キャリア開発事業 シンポジウム2012」が開催されます。(主催:文部科学省(科学技術・学術政策局 基盤政策課))(2012/12/17掲載)
文部科学省では博士人材のキャリアパスの開発に組織的に取り組む大学等を支援するため、平成20年度に「イノベーション創出若手研究人材養成」を開始し、平成24年度のポストドクター・キャリア開発事業まで計36機関を支援しています。この博士人材のキャリア開発を一層推進するために、本シンポジウムが開催されます。
事業の取組・成果を発信するとともに、事業の最前線で博士人材と産業界をつないできた方々によるパネルディスカッションを通じ、産学協働による博士人材の育成を企業と博士人材とのマッチングのあり方から検討いたします。
⇒詳細・申込はこちら

【公開シンポジム】12月20日「不安と恐怖への適切な対応で未来を拓こう」が開催されました。(共催:早稲田大学先端科学・健康医療融合研究機構、博士キャリアセンター、他)
現在注目されているアジア国際医療貢献船・病院船プロジェクトなどを含め、これまで約一年半の先端環境医工科学研究所の4つのグループの調査研究実績の報告や、東日本大震災被災地で被災者と共に現地で復興支援活動をしている方々の生の声が紹介されました。
科学・技術が今後の人の安心と信頼に対して本当に必要なことは何かが議論されました。
⇒詳細はこちら

【イベント】11月27日「第七回産業−博士交流マッチング会」を開催しました。(2012/12/17掲載)
「第七回産業−博士交流マッチング会」を開催しました。当マッチング会では、国内の優良企業や海外のグローバル企業の研究開発者や人事担当者、先輩社員と直接対話することで、「企業が何を求めているか」、「博士ということをどうアピールに繋げるか」などの情報収集やネットワーク構築等、今後のキャリア形成に資する貴重な機会を創出しております。
⇒詳細・開催模様はこちら

【起業サポートイベント】12月7日「第15回早稲田大学ビジネスプランコンテスト最終発表会」が開催されました。(主催:早稲田大学 インキュベーション推進室)
本学校友で、史上最年少・25歳で自社を東証一部に上場させた、村上太一氏(株式会社リブセンス 代表取締役社長)が講演されました。
⇒詳細はこちら

【シンポジウム/ワークショップ】12月10日、11日『国際化を目指す大学にとってのレピュテーション・マネジメント』が開催されました。(主催:ブリティッシュ・カウンシル、ザ・ワールド100 レピュテーション・ネットワーク)
大学において経営戦略・企画、広報、国際化戦略(大学間交流・連携、留学生受入れ戦略)の業務に従事される教職員に向けたシンポジウム/ワークショップが開催されました
⇒詳細はこちら(ブリティッシュ・カウンシル高等教育国際化WEBサイト)

【イベント】11月30日「実践英語最速学習法セミナー」が開催されました。(主催:株式会社パンネーションズ・ コンサルティング・グループ、共催:早稲田大学 博士キャリアセンター)(2012/11/5掲載)
博士実践特論S:ロジカル・コミュニケーションの安田講師が、「日本人が苦手な苦手な理由を解明し、短期間で英語が話せるようになる画期的な学習法」をテーマにセミナーを行いました。安田講師が(株)パンネーションズ・コンサルティング・グループの代表取締役として法人向け企業研修を1500社行った実績から、英語初心者でもできる、日本語脳で英語を話すための画期的な英語学習法を教授しました。

【起業サポートイベント】11月13日第2回起業サポートイベント「 ベンチャーやろうぜ!」が開催されました。(共催:早稲田大学 インキュベーション推進室、博士キャリアセンター)(2012/11/5掲載)
11/13(火)、インキュベーション推進室は、博士キャリアセンターと共催で理工系の学部学生、大学院生、若手研究者を対象とした第2回起業サポートイベント「ベンチャーやろうぜ!」が開催されました。
⇒ブログ「早稲田大学インキュベーションセンター通信」はこちら    ⇒詳細 こちら

【実践カリキュラム】2012年度後期の実践カリキュラムの情報を掲載しました。(2012/9/28掲載)
2012年度後期の実践カリキュラムのシラバスを掲載致しました。
⇒シラバスはこちら

※2012年度後期カリキュラムの科目登録は終了しました。

【説明会】9月28日「博士キャリアセンター 説明会・キャリア相談会」を開催しました。(2012/10/1掲載)
『実践的博士人材養成プログラム』『実践型研究リーダー養成事業プログラム』説明会・キャリア相談会を開催しました。
21世紀の産業界で技術革新を担うのは博士人材です。早稲田大学は企業で活躍をめざす博士後期課程学生・若手ポスドクを養成すべく『実践的博士人材養成プログラム』および『実践型研究リーダー養成事業プログラム』に取り組んでおります。
⇒詳細・開催模様はこちら

【シンポジウム】6月22日「バイオ・ライフサイエンス系 博士人材への期待」神戸大学・早稲田大学ジョイントシンポジウムを開催しました。(2012/6/20再掲載)
バイオ・ライフサイエンスは、将来人類の生活全般に幅広い貢献が期待される研究分野であり、その担い手となる若手イノベーション人材の養成は、我が国の産業界・教育界に共通する課題です。神戸大学と早稲田大学では、文部科学省「ポストドクター・キャリア開発事業(イノベーション創出若手研究人材養成)」の補助を受け、民間企業と連携しつつ、産業界において研究開発の第一線でリーダーとして活躍することができる新しい博士人材の養成を進めてまいりました。本シンポジウムでは、望まれる博士人材像と大学教育についての基調講演に続き、両大学のこれまでの取り組み実績をご報告いたしました。
⇒詳細・開催模様はこちら

【イベント】6月22日「第六回産業−博士交流マッチング会」を開催しました。(2012/6/20再掲載)
「第六回産業−博士交流マッチング会」は神戸大学とのジョイントシンポジウムの第2部として開催しました。当日は非常な盛会で、「企業が何を求めているか」、「博士ということをどうアピールに繋げるか」などの情報収集やネットワーク構築等、今後のキャリア形成に資する貴重な機会となりました。
⇒詳細・開催模様はこちら

【公募情報】アステラス製薬 Drug discovery Innovator Selection Camp 参加者募集情報(2012/6/8掲載)
アステラス製薬が、同社の創薬研究において活躍できる研究者を選抜するプログラム(Drug discovery Innovator Selection Camp)の参加者を募集しています。
⇒詳細はこちら(アステラス製薬のページ)

【プレスリリース】博士キャリアセンターのキャリア支援活動紹介(2012/5/28掲載)
早稲田大学博士キャリアセンターのキャリア支援活動が2012年5月18日付の日刊工業新聞で紹介されました。
⇒詳細はこちら

【イベント】5月31日「4大学合同シンポジウム『産学協働による博士リーダー人材の育成―新しいスキームの実践―』」を開催しました。(2012/5/14掲載)
「社会問題解決リーダー育成のための文理相乗連携プログラム」(文部科学省 実践型研究リーダー養成事業)では同事業採択4大学による合同シンポジウム「産学協働による博士リーダー人材の育成―新しいスキームの実践―」を開催致しました。シンポジウムでは、文部科学省事業の採択校である大阪府立大学・東京大学・東京農工大学・早稲田大学がそれぞれの活動実績を報告します。また、基調講演として科学技術振興機構(JST)社会技術研究開センター長の有本建男氏、特別講演としてカゴメ株式会社常務取締役の児玉弘仁氏をお招きして博士人材へのエールを頂きます。
⇒詳細はこちら  

【実践カリキュラム】2012年度前期の実践カリキュラムの情報を掲載致しました。(2012/4/6掲載)
2012年度前期の実践カリキュラムのシラバスを掲載致しました。みなさまの積極的な受講希望をお待ちします。
⇒シラバスはこちら

※2012年度前期カリキュラムの科目登録は終了しました。

【セミナー】4月11日 若手リーダー育成プログラム (Junior Managers Program)(主催:ボッシュ株式会社)が開催されました。(2012/4/2掲載)
⇒セミナー詳細はこちら(PDF)
⇒若手リーダー育成プログラム (Junior Managers Program)詳細はこちら

【説明会】4月5日、9日「博士キャリアセンター 説明会・キャリア相談会」を開催しました。(2012/3/28掲載)
『実践的博士人材養成プログラム』『実践型研究リーダー養成事業プログラム』説明会・キャリア相談会を開催しました。
21世紀の産業界で技術革新を担うのは博士人材です。早稲田大学は企業で活躍をめざす博士後期課程学生・若手ポスドクを養成すべく『実践的博士人材養成プログラム』および『実践型研究リーダー養成事業プログラム』に取り組んでおります。

⇒【4月5日(木)西早稲田キャンパス】詳細 こちら
⇒【4月9日(月)北九州キャンパス】詳細 こちら

【講演会】4月5日 2012年度第1回経営デザイン講演会「理工系学生の進路と経営工学 理工系の専門知識を実社会で活用する能力を身に付けませんか −技術経営リーダ専修コースのすすめ−」(主催:本学 経営デザイン専攻)が開催されました。(2012/3/28掲載)
⇒詳細はこちら(PDF)
⇒経営デザイン専攻HPはこちら

【ワークショップ】3月15日米国Materials Research Society(MRS)会長 Bruce M. Clemens 先生によるワークショップを開催しました(2012/3/28載)
本ワークショップは早稲田大学高等研究所と共催で実施しました。
⇒当日のプログラムはこちら(PDF:140KB)
⇒Materials Research Society(MRS)(http://www.mrs.org/history/

【認定証書授与式】3月26日「2011年度後期 認定証書授与式」を実施しました(2012/3/26掲載)
2011年度後期にて実践カリキュラムの所定科目を修了された方、実践型研究リーダー養成事業プログラムを修了された方を対象に認定証書授与式を実施しました。
⇒詳細はこちら

【シンポジウム】3月21日「一般社団法人コミュニケーションマイスター協会」設立記念シンポジウム が開催されます。(2012/3/19掲載)
博士実践特論S:ロジカル・コミュニケーションの安田講師が理事長を務める一般社団法人コミュニケーションマイスター協会の設立記念シンポジウムが開催されます。
本シンポジウムは博士キャリアセンター協賛シンポジウムです。奮ってご参加ください。
⇒詳細はこちら

【イベント】3月25日「博士セミナー:企業で活躍する博士たち」(主催:日本化学会 産学交流委員会 産学人材交流小委員会) が開催されます。(2012/3/19掲載)
PDF資料「会期中の併催イベント」のA-17ページに詳細な記載がございます。
⇒詳細はこちら

【イベント】3月13日「社会問題解決リーダー育成のための文理相乗連携プログラム」第1回成果報告会 を開催しました。(2012/3/19掲載)
文部科学省 科学技術・学術政策局 板倉 周一郎 基盤政策課長からご挨拶を賜わりました。基調講演には宮城まり子法政大学教授をお招きし、「キャリアデザイン」の考え方についてお話しいただきました。また、招待講演として本事業採択他大学2校(大阪府大・東大)をお迎えし、各校の活動をご紹介いただきました。加えて、早稲田大学で2011年度の活動に参加した博士学生3名から、チーム活動報告を致しました。
⇒詳細はこちら
社会問題解決リーダー育成のための文理相乗連携プログラムのページへ

【シンポジウム】3月10日 早稲田大学国際シンポジウム「次なる情報技術の大きな飛躍を求めて」が開催されます。(主催:早稲田大学グローバルCOEプログラム「アンビエントSoC教育研究の国際拠点」)(2012/3/2掲載)
早稲田大学では2007年に文部科学省グローバルCOEプログラムにおいて情報・電気・電子分野のGCOE拠点として採択され、世界最高水準の教育研究拠点を目指し活動を行ってまいりました。
GCOEプログラムの成果を元に次なる情報技術の大きな飛躍を目指して世界で活躍する人材の育成を行う予定です。 このため、国内外から情報技術の著名な専門家をお招きし早稲田大学の教員とともに今後の情報技術を議論する国際シンポジウムを開催します。皆さまのご参加をお待ち申し上げております。
⇒詳細はこちら(グローバルCOEプログラムのページ)     ⇒事前参加登録はこちら(同左)

【シンポジウム・ワークショップ】2月21日-22日第11回ボン大学早稲田大学ジョイントシンポジウム「Health Span Dynamics」が開催されます。(2012/2/20掲載)
グローバルに活躍したいと思っている博士学生、将来博士課程への進学に興味を持っている修士学生および学部4年生らが自らの研究成果を発表するイベントです。
本シンポジウム・ワークショップは博士キャリアセンターの共催シンポジウムです。
⇒2/21シンポジウム詳細はこちら(PDF)     ⇒2/22ワークショップ詳細はこちら(PDF)

【シンポジウム】1月21日第4回文理融合シンポジウム「ES細胞、iPS細胞の研究推進と法的・知的財産法的問題点」が開催されました。(主催:早稲田大学 重点領域研究機構 知的財産拠点形成研究所(IIIPs-Forum))(2011/12/28掲載)
ES細胞やiPS細胞などの幹細胞を用いた最先端の再生医療の研究がどこまで進展していて、技術的な課題は何であるのか、さらにそれが実用化される場合の知的財産法上の課題は何であるのかについて、生命科学、医理工学、法学の専門研究者から専門家でない方々にも分かりやすくご講演いただき、会場の皆さんとともに議論することを目的として開催いたしました。
尚、本シンポジウムは博士キャリアセンターの共催シンポジウムです。
⇒詳細はこちら     ⇒事前参加登録はこちら

【イベント情報】1月19日「Open House 2012 開催」(主催:日本アイ・ビー・エム株式会社東京基礎研究所)が開催されます。(2011/12/22掲載)
日本IBM東京基礎研究所の活動とその成果の一端に接するとともに、研究員と積極的な意見交換を期待されております。
⇒詳細・事前登録申込はこちら

【イベント情報】1月14日「先輩からのメッセージ2011」(主催:早稲田応用化学会 交流委員会)が開催されます。(2011/12/12掲載)
日本を代表する化学系を中心とした約40社に在籍されている応化OB・OGが参加します。仕事の内容、キャリアデベロップメント、日常生活等について実体験にもとづく先輩ならではのミニ講演を聞く貴重な機会ですので奮ってご参加ください。
⇒詳細・事前登録申込はこちら

【イベント】1月17日「産総研イノベーションスクール人材育成シンポジウム」(主催:独立行政法人産業技術総合研究所/日本を元気にする産業技術会議)が開催されます。(2011/11/22掲載)
今後の日本の高度イノベーション人材、若手博士人材の育成と活用について、産学官からの広い立場から議論されます。博士キャリアセンター長 朝日教授が登壇予定です。
⇒詳細はこちら

【シンポジウム】12月1日「第4回Symposium『ポストドクター・インターンシップ推進事業』」が開催されました。(2011/12/16掲載)
本シンポジウムは、企業の皆様を対象として、博士人材の活躍の場を広げていくことを 目的として開催されます。本事業の採択機関(30大学)のプログラムの特徴・実績の 展示コーナーもございます。
当センターで実践博士研修(長期インターンシップ)を実施した安田圭吾さん(現 富士電機株式会社)が 研修内容・成果を発表いたしました。
⇒詳細はこちら

【イベント】11月12日、11月26日「理工系(物理関連分野)人材のためのキャリアフォーラム(東京・神戸)」 (主催:社団法人日本物理学会 キャリア支援センター)が開催されます。(2011/11/7掲載)
この企画は、物理系人材キャリアパス開発の際の一つの参考・指標にしていただける事を目的に開催されるものです。昨年度は合同企業説明会を開き,多数の方にご参加いただきました.今年度は企業等へ就職活動を行う際の実践的なアドバイスと,物理系人材が社会で活躍されている具体例を学ぶためのキャリアフォーラムという形でイベントを開催させていただきます.(日本物理学会キャリア支援センターより)
⇒11/12神戸大学での開催詳細はこちら     ⇒11/26東京大学での開催詳細はこちら

【イベント】10月18日「第五回産業−博士交流マッチング会」を開催しました。(2011/10/20掲載)
「第五回産業−博士交流マッチング会」を開催しました。 「企業が博士人材に何を求めているか」、「博士ということをどうアピールに繋げるか」 などの情報収集やネットワーク構築を目的とした活発な交流が、終了予定時間を延長しても尚続き、 大盛況のうち閉会致しました。
⇒詳細・開催模様はこちら

【認定証書授与式】10月5日「2011年度前期 認定証書授与式」を実施しました(2011/10/5掲載)
2011年度前期にて実践カリキュラムの所定科目を修了された方、実践型研究リーダー養成事業プログラムを修了された方を対象に認定証書授与式を実施しました。
⇒詳細はこちら

【プレスリリース】10月4日早稲田大学・日産自動車「ゼロカーボンリーダープログラム」(2011/10/4掲載)
早稲田大学・日産自動車包括提携を基盤とする「ゼロカーボンリーダープログラム」が日経BP社Tech-On!にて紹介されました。本プログラムは博士キャリアセンターも関係しております。
⇒詳細はこちら(日経BP社Tech-On!)

【シンポジウム】9月30日平成23年度「実践的博士人材養成プログラム」成果報告会を開催しました。(2011/10/4掲載)
グローバル化の波は急速に高等教育にも押し寄せつつあり、制度や枠組みだけの導入ではなく、文化の違いや日本型の良い面も踏まえて制度改革を推進していく必要がある。これまでの実践的博士人材養成プログラムの活動を通して、今後の早大の博士人材育成の方針を明らかにする。
⇒詳細・開催模様はこちら     ⇒Details(English)

【カリキュラム】2011年度後期の実践カリキュラム科目登録は終了致しました。(2011/10/4再掲載)
実践博士研修(インターンシップ)参加に際しては、下記4科目の履修が必要となりますので、各自の履修状況にあわせ、科目登録・受講されますようお願い致します。
・博士実践特論AまたはS
・博士実践特論B
・英語2科目
※博士実践特論SおよびBは前期のみの開講で、後期は開講致しません。ご留意ください。
⇒詳細はこちら

【説明会】9月21日「博士キャリアセンター 説明会・キャリア相談会」を開催しました。(2011/9/22掲載)
『実践的博士人材養成プログラム』『実践型研究リーダー養成事業プログラム』説明会・キャリア相談会を開催しました。
21世紀の産業界で技術革新を担うのは博士人材です。早稲田大学は企業で活躍をめざす博士後期課程学生・若手ポスドクを養成すべく「実践的博士人材養成プログラム」および「実践型研究リーダー養成事業プログラム」に取り組んでおります。
⇒詳細・開催模様はこちら

【公開シンポジウム】9月24日「原発震災と科学報道〜記者と科学者の目から」が開催されます。(博士キャリアセンター共催)(2011/9/14掲載)
早稲田大学では、原発震災と科学報道に関する下記の文理融合の公開シンポジウム(無料)とワークショップ(有料)を博士キャリアセンターが共催となって、開催します。科学コミュニケーションに関心のある方はぜひご参加ください。

日時: 9月24日(土)13:00〜17:00
場所: 早稲田大学 早稲田キャンパス 1号館401号室
講師: 柴田 文隆 氏 読売新聞科学部長
山本 章夫 氏 名古屋大学工学研究科マテリアル理工学専攻・教授
主催: 早稲田大学大学院 政治学研究科ジャーナリズムコース
共催: サイエンス・メディア・センター
早稲田大学 東日本大震災復興研究拠点・先端環境医工科学研究所
文部科学省 実践型研究リーダー養成事業
「社会問題解決リーダー育成のための文理相乗連携プログラム」
⇒詳細・参加申込はこちら

【夏期集中ワークショップ】9月23日〜25日「Web記事を作る。発信する」が開催されます。(博士キャリアセンター共催)(2011/9/14掲載)
早稲田大学では、原発震災と科学報道に関する下記の文理融合の公開シンポジウム(無料)とワークショップ(有料)を博士キャリアセンターが共催となって、開催します。科学コミュニケーションに関心のある方はぜひご参加ください。

日時: 9月23日(祝)〜25日(日)10:00〜17:00
場所: 早稲田大学 早稲田キャンパス
23日 26号館 502号室
24日 1号館 401号室
25日 26号館 502号室
受講料: 10,000 円
対象: 科学技術情報の発信に関心がある方。
研究者やマス・メディアにお勤めの方にもおすすめです。
定員: 30名
主催: サイエンス・メディア・センター
共催: 早稲田大学 博士キャリアセンター
⇒詳細・参加申込はこちら

【ワークショップ】9月9日「Transferable Skills ワークショップ」を開催しました。(2011/9/13掲載)
英国の大学の博士課程では9年ほど前から、博士号取得者の社会でのさらなる活躍を促進するために、Transferable Skills Trainingが教育課程の中に積極的に組み込まれており、日本にとっても先行事例として 注目されています。英国におけるTransferable Skills Training開発の第一人者であるエジンバラ大学の Dr Jon Turnerを招聘し、ブリティッシュ・カウンシルとの共催で本ワークショップを開催致しました。
⇒詳細・開催模様はこちら     ⇒Details(English)
ブリティッシュ・カウンシルのWEBサイトでも報告をご掲載いただいていますので、ぜひご覧ください。
⇒ブリティッシュ・カウンシルWEBサイトはこちら

【ワークショップ】9月8日「第4回i-Diamondワークショップ」を開催しました。(2011/9/13掲載)
第4回i-Diamondワークショップ「グローバル社会の求める博士人材像:専門性と多様性の育成」を開催しました。
⇒詳細・開催模様はこちら>     ⇒Details(English)

【学内セミナー】9月7日エジンバラ大学学術能力開発研究所所長Dr. Jon Turner先生による学内セミナーを開催しました。(2011/9/13掲載)
エジンバラ大学学術能力開発研究所所長Dr. Jon Turner先生をお招きして、英国における博士人材養成について、「University of Edinburgh - structures and support」のタイトルでエジンバラ大学を中心とした考え方と事例の講演会を開催しました。
⇒詳細・開催模様はこちら>     ⇒Details(English)

【説明会】9月7日東京理科大学にて「実践的博士人材養成プログラム説明会」を開催しました。(2011/9/8掲載)
9月7日に、東京理科大学の博士後期課程学生・若手ポスドクの方を対象に、本プログラムの説明会を開催しました。会場ではたくさんの方々にご参加いただき、熱心な質問が多数寄せられまし た。
⇒詳細・開催模様はこちら

【報告事項】9月6日早稲田大学・日産自動車包括提携「第6回ステアリングコミッティ」が開催されました。(2011/9/7掲載)
9月6日(火)、第6回ステアリングコミッティが開催され、ゼロカーボンリーダープログラムを通した海外インターンシップのさらなる発展やグロ―バルリーダー育成に関わる大学院改革について熱気溢れる議論 がなされ、実り多き会議となりました。
⇒詳細・開催模様はこちら

【特別講演会】9月1日ノーベル賞受賞学者Yuan T. Lee教授による特別講演会・座談会を開催しました。(2011/9/5再掲載)
9月1日(木)、博士キャリアセンター主催にて、ノーベル化学賞受賞者のYuan T. Lee教授をお招きし「若手研究者・博士学生へのメッセージ」というテーマでの講演会と博士院生との座談会を開催しました。
⇒詳細・開催模様はこちら     ⇒Details(English)

【イベント】8月25日「交流会〜博士と企業の出会いの場〜」(主催:京都ジョブパーク)が開催されます。(2011/8/9掲載)
ポストドクター、博士後期課程の学生等、高度人材に興味のある京都のものづくり企業が集結。ポスターセッション形式で研究テーマやプロフィールをアピールできます。また、企業ごとにブースを設けて気になる企業と直接対話、互いの魅力を探ることができます。(京都ジョブパーク高度人材活用チームより)
⇒京都ジョブパーク詳細はこちら     ⇒チラシ(PDF)はこちら

【ワークショップ】7月9日「第3回i-Diamondワークショップ」を開催しました。(2011/7/9再掲載)
第3回i-Diamondワークショップ「大学院教育におけるグローバル連携:海外機関とのネットワークの新活用」を開催しました。
⇒詳細・開催模様はこちら

【説明会】7月2日『実践的博士人材養成プログラム』説明会・キャリア相談会@早稲田キャンパスを開催しました。(2011/6/22掲載)
『実践的博士人材養成プログラム』説明会・キャリア相談会を開催しました。
⇒詳細はこちら

【公開シンポジム】6月20日「明日見ゆ、日本! 明日見ゆ、早稲田!〜最新鋭国際健康医療支援船プロジェクト〜」を開催しました。(2011/6/22再掲載)
超党派国会議員連盟の皆様方をお迎えし、最新鋭国際医療貢献船建造のキックオフとなる第1回の公開シンポジウム「明日見ゆ、日本! 明日見ゆ、早稲田!〜最新鋭国際健康医療支援船プロジェクト〜」を開催しました。
⇒詳細・開催模様はこちら

【ワークショップ】6月18日「第2回i-Diamondワークショップ」を開催しました。(2011/6/18掲載)
第2回i-Diamondワークショップ「大学院教育におけるグローバル競争:海外博士人材の獲得システム」を開催しました。
⇒詳細はこちら

【シンポジウム】7月1日,2日「第8回アンビエントGCOE国際シンポジウム」が開催されます。(主催:早稲田大学グローバルCOE プログラム「アンビエントSoC 教育研究国際拠点」)(2011/6/14掲載)
世界最高水準の教育研究拠点形成を目指し教育・研究活動を行ってきた早稲田大学グローバルCOE プログラム「アンビエントSoC 教育研究の国際拠点」のグローバル人材育成と研究面における成果が報告されます。
⇒詳細はこちら

【起業サポートイベント】7月7日「第1回 ベンチャーやろうぜ!」が開催されます。(共催:早稲田大学 インキュベーション推進室、博士キャリアセンター)(2011/6/13掲載)
7/7(木)、インキュベーション推進室は、博士キャリアセンターと共催で理工系の学部学生、大学院生、若手研究者を対象とした起業サポートイベント「第1回 ベンチャーやろうぜ!」を開催します。
⇒詳細・申込はこちら

【シンポジウム】6月4日第3回文理融合シンポジウム「グローバルヘルスと知財戦略:障壁から投資誘因・活用へ−医療技術実用化オープンイノベーション促進のための法基盤整備の新展開−」が開催されます。(主催:早稲田大学 重点領域研究機構知的財産拠点形成研究所(IIIPs-Forum))(2011/5/17掲載)
法と医の協働のもと、日米のグローバルヘルス営利・非営利機関で活動する研究者及び法曹関係者を講演者として、知的財産権活用の法基盤整備の新展開について議論されます。
尚、本シンポジウムは博士キャリアセンターの共催シンポジウムです。
⇒詳細はこちら

【公開講座】6月4日「科学とジェンダー(演題:自分で広げる、自分の可能性)」が開催されます。(主催:早稲田大学 オープン教育センター・男女共同参画推進室)(2011/5/13掲載)
ゲストスピーカーに、株式会社ポーラ常務取締役の小西尚子氏をお招きし、「自分で広げる、自分の可能性」というテーマで、ご講演していただくとともに、ポーラの社員のみなさまとのディスカッションの機会が設けられます。
⇒詳細はこちら

【インターンシップ情報】IAESTE海外インターンシップ説明会が開催されます。(2011/5/10掲載)
理工農薬学系学生のための国際インターンシップを仲介している国際非政治団体IAESTE(イアエステ)の海外インターンシップ説明会が早稲田大学にて開催されます。
⇒詳細はこちら      ⇒IAESTE JAPAN公式WEBサイトはこちら

【ワークショップ】5月14日「第1回i-Diamondワークショップ」を開催しました。(2011/5/14掲載)
第1回i-Diamondワークショップ「大学院教育におけるグローバルスタンダード:実践的博士人材育成のための大学院教育システム改革」を開催しました。
⇒詳細・開催模様はこちら

【実践カリキュラム】2011年度前期の実践カリキュラムの情報を掲載致しました。(2011/4/15掲載)
2011年度前期の実践カリキュラムのシラバスを掲載致しました。みなさまの積極的な受講希望をお待ちします。
⇒シラバスはこちら

※2011年度前期カリキュラムの科目登録は終了しました。

【インターン情報】「Zero carbon leadersプログラム」の参加者募集が行われております。(2011/4/11掲載)
日産自動車株式会社、公益財団法人日産財団、ルノー株式会社、ルノー財団、Ecole Superieure D’Electricite(フランス)、早稲田大学理工学術院によるインターンシップ・留学プログラムの参加者募集が行われております。
⇒詳細はこちら

【説明会】4月21日「博士キャリアセンター 説明会・キャリア相談会」を開催しました。(2011/4/4掲載)
『実践的博士人材養成プログラム』『社会問題解決リーダー育成プログラム』説明会・キャリア相談会を開催しました。 ⇒詳細・開催模様はこちら

【案内】博士キャリアセンター ホームページをリニューアルしました。(2011/4/1掲載)
これからも博士キャリアセンターを積極的にご活用ください。

【イベント】3月30日セミナー「グローバル人材に求められる異文化理解〜中国文化から見たコミュニケーション〜」を開催致しました。(主催:早稲田大学 博士キャリアセンター)(2011/3/31再掲載)
セミナー「グローバル人材に求められる異文化理解〜中国文化から見たコミュニケーション〜」を開催致しました。
⇒詳細はこちら ⇒開催模様はこちら

【災害に関する多言語情報のWEB掲載】multilingual information concerning the earthquake(2011/3/16掲載)

To all international students and postdoc

We provide you with available multilingual information concerning the earthquake as follows:

1)Radio
2)Manual for disasters
3)Information
4)Others(Google Person Finder, Free Phone Service)

-----------
1)Radio
NHK radio programs in 16 other languages
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/radio/program/16lang.html

FMYY
http://www.tcc117.org/fmyy/index.php

You can get the information concerning earthquake from NHK radio (AM693) in several languages.

2)Manual for disasters
Q&A manual for helping foreign residents in disasters
http://www.tokyo-icc.jp/english/information/howto.html

Japan earthquake how to protect yourself
http://nip0.wordpress.com/


3)Information
Tohoku area pacific offshore earthquake multi-language support center
http://eqinfojp.net/

Facebook-Earthquake updates for foreigners in Japan
http://www.facebook.com/earthquakeinfo.foreigner


4)Others
google person finder
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=en

free phone service
http://www.bricks-corp.com/service-cc.html


【イベント情報】(中止)3月17日「理系白書シンポジウム - 化学の力が世界を変える -」(主催:毎日新聞社、特別協力:早稲田大学)(2011/3/15再掲載)
※本シンポジウムは地震の影響により中止となりました。ご注意ください。
2010年、ノーベル化学賞を二人の日本人が受賞しました。日本人の化学賞の受賞 者は7名にのぼり、日本の化学分野でのレベルの高さを改めて世界に示しました。
このたび、毎日新聞社が日本化学会とともに、世界に誇る化学分野での開発技術 の原動力を探る「理系白書シンポジウム『化学の力が世界を変える』」を実施す るにあたり、早稲田大学も協力させていただくこととなりました。
シンポジウムでは、基調講演者として2010年のノーベル化学賞受賞者である根岸 英一氏をお招きし、日本の化学研究の現状や今後の展望などについてお話しいた だきます。根岸氏は、基調講演を通して、これからの日本をになう若い方たちに メッセージを送りたいと希望されています。是非、ふるってご参加ください。
※博士キャリアセンター特別顧問・前センター長 西出宏之教授(早稲田大学理 工学術院 先進理工学部長・先進理工学研究科長)もパネルディスカッションに 登壇されます。
詳細情報 ⇒早稲田大学所属の方はこちら  ⇒外部の方はこちら


【イベント情報】(中止)3月27日 日本化学会第91春季年会「企業で活躍する博士たち」(主催:日本化学会 産学交流委員会 産学人材交流小委員会)(2011/3/17再掲載)
※本セミナーは地震の影響により中止となりました。ご注意ください。
⇒詳細はこちら

科学技術で生き残りを図る日本において、科学技術を推進する原動力、イノベー ションの担い手として、学においても産においても高度な知識と研究開発力を持っ た博士人材が非常に期待されています。一方で、博士課程在学生に企業・社会を 実際に学ぶ機会が少なく、産に目を向ける場面が少ないのが実情です。また、産 においても博士の活用に敷居が高い企業がまだあります。今回は、企業の中で活 躍する博士たちを紹介することで、より一層産業界での博士の活躍の場を増やし たいと考えております。(日本化学会開催趣旨より抜粋)


【イベント】2月27日、3月13日セミナー「研究者として面接突破を目指せ!」を開催しました。(主催:早稲田大学 博士キャリアセンター)(2011/3/15掲載)
研究者として活躍するための大きな関門となる就職面接の突破に向けて、就活ノウハウ本やインターネットでは得られない一歩先の考え方や実践方法を参加型セミナーを通して紹介致しました。
⇒開催模様はこちら

【シンポジウム】2月26日 文理融合シンポジウム『法と医の協働による科学技術と社会の新たな秩序形成』を開催しました。(2011/2/26掲載)
早稲田大学 文理融合シンポジウム『法と医の協働による科学技術と社会の新たな秩序形成』―21世紀の医療システムの新展開に向けて― を開催致しました。
⇒詳細はこちら

【イベント情報】3月22日「数学・数理科学のためのキャリアパスセミナー - 研究開発型企業との出会い -」(主催:日本数学会)(2011/2/23掲載)
数学・数理科学分野の後期博士課程学生を中心として、これらの学生がその専門性を活かし広く社会で活躍するために、研究開発型企業との相互理解を深めることを目的とした企業と大学院生との出会いの場です。ぜひ御参加ください。


【イベント情報】1月15日「先輩からのメッセージ2010」(主催:早稲田応用化学会 交流委員会)(2011/1/16掲載)
学生、企業の双方から高い評価を得たイベント「先輩からのメッセージ」が今年も開催されました。


【イベント】12月21日「第四回産業-博士交流マッチング会」を開催致しました。(主催:早稲田大学 博士キャリアセンター)(2010/12/22再掲載)
⇒詳細はこちら

【シンポジウム】12月1日 「実践型研究リーダー養成事業」キックオフシンポジウムを開催致しました。(主催:早稲田大学博士キャリアセンター)(2010/12/22再掲載)
⇒詳細はこちら

【公募情報(助手)】早稲田大学共同原子力専攻より公募情報(助手)が寄せられております(2010/11/15掲載)
早稲田大学理工学術院先進理工学研究科共同原子力専攻より、助手の公募情報が寄せられております。
ご興味のある方はこちらをご覧ください。

【カリキュラム】 2010年後期実践カリキュラムについてのお知らせ。(2010/10/18再掲載)

  • 博士実践特論Aの使用教室が全て確定致しました。(2010/10/18掲載)
  • 2010年後期実践カリキュラムの科目登録は全て終了致しました。(2010/10/8掲載)
  • シラバスはこちら

【カリキュラム】9月21日 2010年後期 実践カリキュラム説明会・キャリア相談会を開催致しました。(主催:早稲田大学博士キャリアセンター)(2010/10/8掲載)
⇒詳細はこちら

【案内】11/19 「早稲田大学ビジネスプランコンテスト」が開催されます(主催:早稲田大学産学官研究推進センター)(2010/9/13掲載)
11月19日(金)に産学官研究推進センター主催でビジネスプランコンテストが開催されます。早稲田大学での学習成果や研究成果等を活かして創業するビジネスプランを募集します。最優秀賞25万円。

⇒詳細はこちら

【イベント】7/8 「第三回産業-博士交流マッチング会」を開催しました(主催:早稲田大学 博士キャリアセンター)(2010/9/3再掲載)
産業-博士交流マッチング会の第三回を開催いたしました。
⇒詳細はこちら

【シンポジウム】6月14日 平成22年度「実践的博士人材養成プログラム」成果報告会を開催いたしました(2010/7/6再掲載)
平成22年度「実践的博士人材養成プログラム」成果報告会を開催いたしました。
⇒詳細はこちら

【実践カリキュラム】 2010年度前期科目 シラバス更新情報(2010/6/5再掲載)
2010年度前期科目のシラバス(各回の講義タイトル・日時・使用教室など)はカリキュラムのページでご確認ください。
博士実践特論A   ⇒博士実践特論S   ⇒博士実践特論B
⇒実践的英語教育プログラム:ATP  ATRW1  PC1  WE1


【インターンシップ情報】花王社よりインターンシップ情報が寄せられております(2010/6/3掲載)
花王株式会社より、夏季のインターンシップ情報が寄せられております。
ご興味のある方は博士キャリアセンターまでお越しください。(担当:高橋コーディネータ)


【実践博士研修情報】デンソー社より実践博士研修・人材採用情報が寄せられております(2010/5/7掲載)
株式会社デンソーより、半導体関連の実践博士研修ならびに人材採用の情報が寄せられております。
ご興味のある方は博士キャリアセンターまでお越しください。(担当:高橋コーディネータ)


【実践カリキュラム】2010年度前期の科目登録は終了しました(2010/4/14掲載)
2010年度前期の科目登録は終了しました。
これ以降、科目履修・受講に関する問い合せは博士キャリアセンターに直接ご連絡ください。
シラバスのページは こちら

【ガイダンス】4月5日博士キャリアセンターの説明会を開催しました(2010/3/29掲載)
博士キャリアセンターの説明会を開催しました。
開催模様は近日中にアップ致します。
⇒詳しくはこちら

【文理融合シンポジム】3/20「文と理、対峙から協働へ」(2010/3/24再掲載)
文理融合シンポジム『 文と理 対峙から協働へ−文理融合型知的財産の活用方法を探る−』を博士キャリアセンターが共催となって開催しました。大変多くの方にご参加いただきました。
開催模様は近日中にアップ致します。

【特別セミナー】3/19,21「実践的英語集中上級講座」(2010/3/24再掲載)
ミシガン大学にて毎年8月に開講されている「実践的英語上級講座」の中から主要な部分を抜粋したエッセンシャルセミナーを開催しました。
※先に予告した通り、2日間の本集中講座の受講を実践英語カリキュラムの受講として認定いたしました。

【日本化学連合主催シンポジウム】3/16「日本の科学技術を担う研究者を育てる」(2010/3/18再掲載)
博士キャリアセンター 朝日副センター長、旭化成 府川顧問(当センター選考委員長)が登壇しました。
開催模様は近日中にアップ致します。

【委員会情報】3/8「第4回選考委員会」(2010/2/1再掲載)
第4回選考委員会を開催します。対象者には別途個別にご案内をお送り致します。

【採用情報】多数寄せられております。(2010/2/1再掲載)
現在博士キャリアセンターには多くの企業から採用情報が寄せられております。
ご興味のある方は博士キャリアセンターまでお越しください。(担当:高橋コーディネータ)

【イベント情報】1/16「先輩からのメッセージ2009」(主催:早稲田応用化学会 交流委員会)(2010/2/1掲載)
学生、企業の双方から高い評価を得たイベント「先輩からのメッセージ」が今年も開催されました。

【経営デザイン専攻・博士キャリアセンター ジョイントシンポジウム】1/23「理経開化! ―経営をデザインする人を育てる―」(共同主催:早稲田大学理工学術院創造理工学研究科経営デザイン専攻/同学博士キャリアセンター)(2010/2/1掲載)
2010年4月に新設する経営デザイン専攻とのジョイントシンポジウムを開催しました。
開催模様

【文理融合シンポジウム】12/4「「理系」が未来を変える! ―博士人材の社会貢献とキャリアパス―」を開催しました(主催:早稲田大学 大学院政治学研究科 ジャーナリズムコース/博士キャリアセンター)(2009/12/9再掲載)
基調講演に『理系白書』の元村有希子氏(毎日新聞科学環境部記者)をお招きし、「21世紀の社会と科学〜誰が科学を支えるか?〜」をテーマにお話いただきました。
元村有希子氏の講演資料をアップしました。
詳細     ⇒チラシ

【公募情報】日本原子力研究開発機構 平成22年度特別研究生(2009/11/17掲載)
(独)日本原子力研究開発機構より平成22年度特別研究生の公募情報が寄せられております。
詳細⇒こちら   公募テーマ一覧⇒こちら

【イベント】11/20 「第二回産業-博士交流マッチング会」を開催しました(主催:早稲田大学 博士キャリアセンター)(2009/11/17再掲載)
大好評を博しました産業-博士交流マッチング会の第二回を開催いたしました。
今回も国内有力企業が多数参加され、大盛況のうちに閉会致しました。
詳細

【公募情報】株式会社デンソー(半導体先行開発室) 博士人材募集情報(2009/10/28掲載)
株式会社デンソーより2010年4月入社予定の博士人材募集情報(半導体分野)が寄せられております。
詳細情報をご希望の方は博士キャリアセンターまでお越しください(担当:高橋コーディネータ)

【公募情報】情報科担当教員(非常勤講師)(2009/10/26掲載)
立教新座中学校・高等学校より非常勤講師の採用情報が寄せられております。
詳細は博士キャリアセンターまでお問い合わせください。(担当:高橋コーディネータ)
お問合せフォーム⇒こちら

【公募情報】日本電気株式会社(中央研究所) 採用情報(2009/10/20掲載)
日本電気株式会社より博士課程・ポストドクター限定の採用情報(分野不問)が寄せられております。
詳細情報をご希望の方は博士キャリアセンターまでお越しください(担当:高橋コーディネータ)

【公募情報】株式会社ソリトンシステムズ 採用情報(2009/10/20掲載)
株式会社ソリトンシステムズより博士課程・ポストドクター対象の採用情報(情報分野)が寄せられております。
詳細情報をご希望の方は博士キャリアセンターまでお越しください(担当:高橋コーディネータ)

【実践カリキュラム】2009年度後期の科目登録終了(2009/10/8掲載)
2009年度後期実践カリキュラムの科目登録は全て終了致しました。

【シンポジウム】9/28「実践的博士人材養成プログラム 成果報告会」を開催しました(2009/9/30掲載)
産業界をリードする実践的な博士人材養成の成果報告と識者の方々の講演が行われ、大盛況のうちに閉会致しました。
開催模様

【イベント】9/28「2009年度前期 実践カリキュラム修了証書授与式」を実施しました(2009/9/30掲載)
2009年度前期にて実践カリキュラムを修了された方を対象に修了証書授与式を実施しました。
授与式の模様

【説明会】9/25「実践的博士人材養成プログラム」学生説明会を実施しました(2009/9/30掲載)
「実践的博士人材養成プログラム」の内容を詳しく説明致しました。 ⇒説明会の模様

【講演会】9/5「日本化学会 第3回関東支部大会(2009)」にてセッション8「博士人材のキャリアパス」が開催されました(2009/9/16再掲載)
博士人材のキャリアパスに係わる情報発信や、一層の活躍に期待するエールが送られました。
詳細     ⇒開催レポート(PDF1.85MB)

【イベント】第1回イノベーション創出若手研究人材養成担当者会議に参加しました(2009/8/19掲載)
第1回イノベーション創出若手研究人材養成担当者会議が開催され、当事業について活発且つ有意義な議論がなされました。
詳細

【実践カリキュラム】 博士実践特論A,S,Bの講義模様を掲載しました(2009/8/5掲載)
前期博士実践特論A,S,Bの講義模様・参加者の感想をアップしました。
後期も積極的なご参加を期待しております。
博士実践特論Aの様子 → こちら
博士実践特論Sの様子 → こちら
博士実践特論Bの様子 → こちら

【お知らせ】博士キャリアセンター 渡辺コーディネータが『TEPIA知的財産学術奨励賞』を受賞しました(2009/6/17掲載)

 
 

|  TOP  |